実際に飲んでみて本当におすすめできる青汁を紹介しています。野菜嫌いの夫に青汁を飲んでほしいと思っている妻が書くブログです。(たまに夫も書くw)

青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー-

青汁と肌

30代の男女が美肌を手に入れるのに必要な5個をまとめてみた

更新日:

 

aojiru-bihada2

こんにちは、妻のゴロ妻です。

「30代の男女に美肌は手に入るのか?」ということを真剣に考えてみたし、真剣に取り組んでみたので紹介します。

「20代のころと比べて肌がなんか元気がない……。」
「美肌になりたい!!!」

気がついたら一気に年齢があらわれてしまうのが「肌」です。

色、シワ、ハリ、シミ、たるみ……。

問題ないと思っていた自分の肌が気がついたらなんか年齢を重ねている(涙)そんな状態からアンチエイチングを狙って美肌になるには色々な対策が必要です。

しかし

ちゃんと手入れをして、ちゃんと対策をすれば美肌は手に入ります。

男も女も肌年齢は20代は気にしていなくても30代、40代となれば自分の見た目に大きな影響があるので美肌への取り組みを考えてみましょう。

肌の再生メカニズムを知っておく

まず美肌を目指す上で最低限の基礎知識として「肌の再生メカニズム」を知っておく必要があります。

肌は「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」という4層構造になっています。

目に見える肌の外側の部分が「角質層」です。この角質層を私達は「肌」と認識しています。

ターンオーバーという言葉を知っていますか?

ターンオーバーとは

肌が新陳代謝をして生まれかわることを「ターンオーバー」といいます。

このターンオーバーは年齢によって周期が変わります。10代だと20日、20代とかだと、28日くらい、30代とかだと40日くらい、60代だと100日くらいだったりします。年をとると傷の治りが遅かったりするのはこのターンオーバーと関係しています。

身体は栄養を吸収して基底層ができあがり、身体の表面に押し出される形で、「有棘層」→「顆粒層」→「角質層」となり、最後はアカとなって身体から排出されます。

肌はず~っとこのターンオーバーによって新しい肌に生まれ変わっています。

お肌の老化は何歳になると一気にすすむの?

女性にアンケートをとると、「30代後半から一気に肌が老けた」という人が多いですが、もちろん個人差があります。

なので、早い人では30代前半から「肌が老けた」とは「肌のハリがなくなった」とか「肌がカサカサしている」などと感じるようになります。

どちらにせよ、30代に入ったら美肌への意識というのは高めたほうがいいです。

実際の年齢と見た目の年齢には大きなギャップがあったりしますが、肌年齢も同じように実際の年齢とギャップがあったりします。

●肌が老化する原因

・ターンオーバーが壊れてくる
・活性酸素の不足
・コラーゲンが減少する

青汁を飲んでいると美肌は手に入るの?

肌を美肌にするには複数のことを同時に取り組む必要があります。

美肌って「ハリ、たるみ、シミ、肌色……。」など色々な要素で成り立っているので何か1つ取り組んだからといって、

「肌若いね~~~~~!!!」って状態にはなりません。

なので、青汁を飲むだけで美肌になるということはありえません……。

しかし

美肌を手に入れるのに「食生活の改善」や「快適な睡眠」や「便通を良くする」などがあります。これらは青汁を飲み続けることで大きな改善になります。

なので、美肌を手に入れるために青汁を利用することは大いにアリです。

美肌にするための方法を調べてみた

美肌を手に入れるための方法をまとめます。かなりたくさんの必要項目があるので大変ですが、しょうがありません……。キレイな肌、美しい肌、若い肌はなかなか道が険しいです。

    ・快適な睡眠

    ・アルギニンをとる(食生活の改善)

    ・便通を良くする

    ・水を飲む(常温)(お茶でもOK)

    ・適度な運動

    おまけ・青汁・酵素を飲む

上記のことを同時に取り組むことで美肌は近づきます。なかなか大変ですが、30代から意識して取り組まないと免疫機能や代謝が落ちているのでしょうがありません……。

快適な睡眠で成長ホルモンを分泌させて肌のターンオーバーを促す

肌は寝ているときに再生します。

「お肌のゴールデンタイム」って言う言葉を聞いたことありますか?

これは夜の22:00~2:00がお肌のゴールデンタイムと言われてきました。しかし

この22:00~2:00は最近の研究ではあてはまらないのでは……と言われています。

最近の研究では、「眠りについて最初の3時間が肌のゴールデンタイム」と言われています。

この3時間の間に「成長ホルモン」を多く分泌することがターンオーバーが正常に促され、美肌につながります。良質な睡眠をとろうと思うと「メラトニン」が必要です。

メラトニンとは

日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増える。メラトニンが脈拍・体温・血圧などを低下させることで睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用がある。また朝日を浴びて規則正しく生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整される。そのため不規則な生活や昼間、太陽光を浴びないような生活を続けるとメラトニンがうまく分泌されず、不眠症などの睡眠障害の原因となる。

出典:Wikipedia

このメラトニンは「睡眠ホルモン」と言われています。肌のゴールデンタイムは睡眠後3時間なので変則的な生活でも分泌されますが、メラトニンは夜の方が多く分泌されるため、夜はゆっくり寝ていたいです。

美肌を手に入れる上で良質な睡眠は最優先で大切なことの1つです。最重要といってもいいかもしれません。

ちなみに「成長ホルモン」は筋トレをしても分泌されます。

アルギニンをとって成長ホルモンを分泌させられるように準備する

成長ホルモンが美肌に欠かすことができないのですが、成長ホルモン自体はアルギニンによって分泌を促します。このアルギニンを適切に取り込むことも美肌には大事になります。

食材別のアルギニンの量(100gあたり)
食品名 アルギニン量
牛肉 1000mg
豚肉 1000mg
鶏肉 1300mg
かつおぶし 4200mg
高野豆腐 4200mg
大豆 2850mg
ごま 2750mg
くるみ 2200mg
落花生 3200mg

アルギニンは1日に2000mgから4000mgの摂取が効果的です。食事からアルギニンを適量とるのがむずかしい場合は青汁で補うのは十分にアリです。

便通をよくして腸壁をキレイにして免疫機能をあげる

美肌を考える上で便通の問題は避けては通れない重要事項です。

身体の中が汚れていては意味がありません。

身体の中が汚れるというのは腸壁が汚かったり、血がドロドロになっている状態だったりを指します。

便秘は当然身体によくないとして腸壁が汚れているのもダメだったりします……。腸壁が汚れているかどうかは、もちろん目で見ることができないので毎日の便が正常に行われているかどうかで判断します。

朝おきてから、無理にトレイにいかなくてもニオイも形もちゃんとした便が毎日でることが重要です。排出行為の最大の行為は便通です。

腸は身体の中で最大の免疫臓器です。

この消化管をキレイにして免疫機能を高めないと人間の持つ自然治癒力があがりません。

消化管とは

摂取した食物を消化し、栄養を吸収する管。小腸は身体の60%~70&を占める消化管。消化・吸収の効率を上げるヒダ状の粘膜と密生する小突起、免疫系細胞が集中している。

身体の中の臓器で1番キレイにしたいのが腸壁になります。

身体の中をキレイにする最短の方法が食べ物の改善です。

「まごはやさしい」って知っていますか?

    ま……豆類
    ご……ごま
    わ……わかめ・海藻
    や……野菜
    さ……魚
    し……しいたけ・キノコ
    い……いも類

ザ、和食です。

美肌のことを考えて身体の中をキレイにするのであればマメや海藻や魚やキノコなどの和食系の頻度をあげて、ビタミン、ミネラル、さらには身体に優しいタンパク質を多くとるようにすると肌に凄くいいです。

これらの和食だと酵素もたくさん含んでいるのでさらに、抗酸化に期待もできます。酵素は生命維持には欠かせないですからね。

食事の改善がなかなかむずかしいようであれば、腸壁は青汁を飲むことで凄〜〜〜〜く改善が期待できます。青汁には食物繊維が大量に含まれています。

食物繊維は便通改善に凄く効果が期待できます。

免疫機能をあげて自然治癒力をあげるのは大事ですよ~。

水を飲んでいればなんとかなる!睡眠と同じくらいの最重要項目

水を飲むことで健康を促進するのは凄く有名です。人間の身体の70%は水分で出来ているって知ってますか?

人間は汗やトイレでの排出行為などで1日に2リットル~3リットルの水が体外に出ていきます。なので出て行く分の水分を補う必要があります。

これは、全部、飲み水で補うのかというとそうではなくて、食事でとる水分も含めて足りない分を飲み水で補うということです。少なくとも1日1リットルは意識して飲みましょう。ほとんどの人が1リットルくらいは水分量が足りないと言われています。

身体の中から水分が不足すると、当然ですが、肌荒れや便秘や口臭の悪化など色々と調子が悪い面が出てきます。

人は意識しないと水の摂取量が足りなくなります。

●水を飲む時の注意

・1日に最低1リットルは飲む(可能なら2リットル)

・常温だとよりベター

・1日で複数回にわけて飲む

極端な話、人は水さえちゃんと飲んでいればなんとかなります。美肌を手に入れたいと考えたときに身体が水分不足であれば、肌どころか自分の身体自体が成り立ちません……。

だからこそ、水を飲むことは本当に大事です。

※水よりは利尿作用が高いですが、お茶でも大丈夫です。とにかく美肌には水分補給は必須です。

適度な運動をして成長ホルモンを分泌させると同時に血をサラサラにする

運動をすることでの効果ってどんなものがあるか知っていますか?

    ・血がサラサラになる

    ・成長ホルモンが分泌される

    ・体内デトックス

    ・筋肉がつく

運動というと比較的多くの人がイメージするのが「ランニング」です。ランニングももちろん運動効果としては大きいのでおすすめですが、「続ける」となると面倒になります……。(特に寒い日は……。)

続けることができるのであればランニングは美肌に対して大きな効果が期待できます。

しかし

私が1番おすすめするのは「スクワット」です。スクワットは自宅でもできるし、何より時間が短いです。

スクワットは10回ワンセットをトータル3回行うのが基本です。時間にして10分もかかりません。スクワットなら自宅でちょっとした時間にできるので続けやすいです。

スクワットって筋トレの中で1,2を争う効果があるトレーニングです。

●スクワットの利点

・お尻がキュッと上がる

・腹筋周りも鍛えられる

・成長ホルモンが多く分泌される

スワットは続けることで、男女どちらの人にも効果が目に見えてわかりやすい筋トレと言われています。

30日続けることでお尻が目に見えてあがります。

腹筋周りも使った筋トレなので腹筋も鍛えることができます。さらに背中の筋肉も使っているので姿勢がよくなりますよ。

美肌にとって、絶対に必要なのが「成長ホルモン」の分泌です。成長ホルモンは無酸素運動中に多く分泌されます。スクワットは本当に成長ホルモンを分泌させる上でおすすめの筋トレです。

●スクワットの注意点

・フォームをきちんとしないとヒザを壊す

・毎日してはいけない

・本気でキツイ……。

スクワットのフォームで注意しないといけないのは「腰を落としたときのヒザの位置」です。

ヒザが足の指より前にいかないように!!!ヒザを曲げて腰を落とすのではなくて、お尻を斜め後ろに落とすイメージでやります。身体を後ろに落とすということです。

やってみたらわかりますが、正しいフォームでスクワットをすると本気でキツイです……。

だからこそ本当に効果があるし、だからこそ、毎日はしてはいけません。続けることで美肌はもちろん、キレイな身体のシルエットができあがります!!!

成長ホルモンをたっぷり分泌させましょう。

まとめ

まとめます。

    ・快適な睡眠をとる
    ・アルギニンをとる
    ・便通を良くする
    ・水を飲む(常温)
    ・適度な運動をする

全部を取り組むのがむずかしいようであれば1つずつでも取り組みましょう。

必ず肌の問題は前進します。30代からは意識して取り組むことが1番大事になってくるのでがんばってください。

ゴロ妻
青汁を飲んだだけで美肌になることはありまえん。

しかし

青汁は栄養の補助という面では抜群のチカラを発揮します。ミネラル、ビタミン、食物繊維は美肌に絶対に欠かすことのできない栄養です。

美肌には睡眠や便通改善やストレスを減らすことも大事です。キレイな血をちゃんと循環させる意味でも運動も大事です。

つまり、総合的に取り組まないと美肌は手に入らないということです。1つ1つ取り組んでいくしかありません。

私も1つ1つ取り組むことで同年代の人よりは「若いね~~~」と言われるようになりました。

やっぱり食事の改善が1番キツかったので青汁はローテーションして飲んでいます。

大麦若葉 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)
ケール 本搾り青汁ベーシック
明日葉 ふるさと青汁
桑の葉 神仙桑抹茶ゴールド
これらをローテーションしていました。

他にも数種類を飲んでいます。

特におすすめは 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン) です。

コスパ、味、信頼度、全て最高で、血糖値の上昇を抑えてくれるのでダイエットにも良いです!!!

青汁を飲んでいると美肌以外にも便通改善やイライラの解消など色々ないい効果がありました。

肌は年齢とともに目立つので早めに取り組むのがコツだと思っています。日々油断することなくコツコツと美肌に取り組みたいですね。

参考リンク
実は美肌を手に入れる過程と冷え性を改善する過程は凄く似ています。

もちろん、冷え性になるメカニズムと肌が荒れたり、ハリがなくなったりするメカニズムは違うのすが……。

でも、改善方法が似ているので美肌への取り組みも同時に冷え性の改善も期待できます。合わせて読んでみてください。

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

-青汁と肌

Copyright© 青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー- , 2019 AllRights Reserved.