実際に飲んでみて本当におすすめできる青汁を紹介しています。野菜嫌いの夫に青汁を飲んでほしいと思っている妻が書くブログです。(たまに夫も書くw)

青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー-

フレッシュフルーツ青汁 青汁レビュー

【一部不満】フルーツ系で最強に濃い味の青汁のフレッシュフルーツ青汁をレビュー

更新日:

 

こんにちは、ゴロ&ゴロ妻です。

今回はビューティーマニアの「フレッシュフルーツ青汁」をレビューします。

「青汁=不味い」という先入観が大分なくなってきていますが、それでもまだまだ「青汁は美味しい」というイメージまではたどりついていません。それはどうしても野菜感が強いのでしょうがない部分です。

でも、そんな青汁を「美味しい」の領域に持って行こうと「フルーツ系の青汁」が登場してきています。その1つは「フレッシュフルーツ青汁」です。

フルーツ系の青汁というのはフルーツジュースを飲んでいるのかと思うような青汁のことです。ビューティーマニアの青汁は完全にフルーツジュースでした。数多くの青汁の中でこれほどフルーツの味が濃い青汁はないのではないでしょうか!!!

ただし、社歴やサポートなど気になる点もいくつかありました。

青汁は「味、原材料、値段、サポート」とバランスが取れてこそ続けて飲むことができます。詳しく解説していきます。

販売者の紹介

aojiru-huressyuhurutu.png

●販売者情報

会社名 株式会社INK
店舗名 ビューティーマニア
所在地 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ 405
資本金 500000円
設立 平成26年 9月30日
事業内容 美容健康関連商品通販事業部 インターネット広告代理事業部 ウェブマーケティング事業部
代表取締役 二宮侑也

会社の設立が平成26年というかなり最近設立の会社ですね。そして資本金が50万円……。ある意味凄いですね。ビューティーマニアは店舗名と会社名が別々なんですね。店舗展開していくということなんでしょう。

こんな感じで到着しました

Aojiru huressyuhurutu1

▲ 薄い箱に入って届きました。

Aojiru huressyuhurutu2

▲ 凄くシンプルな中身です。今回注文した明細書と商品である「フレッシュフルーツ青汁」しか梱包されていません。

Aojiru huressyuhurutu3

▲ フレッシュフルーツ青汁の入れ物の表面です。フルーツ系の青汁はすべてこのA4サイズのレターパックのような入れ物ですね。

Aojiru huressyuhurutu4

▲ フレッシュフルーツ青汁の入れ物の裏面です。

Aojiru huressyuhurutu5

▲ フレッシュフルーツ青汁は「ビューティーマニア」という店舗名で販売しています。ロゴがカワイイですね。運営会社は株式会社INKです。

Aojiru huressyuhurutu6

▲ 中身はこんな感じで細身のスティックタイプで30包入っています。

Aojiru huressyuhurutu7

▲ 包みに何も書かれていません。商品名さえないッ「どシンプル」な作りです。

飲んだ感想と評価

Aojiru huressyuhurutu8

▲ 粉の量は青汁では定番の3gです。薄めの緑の粉ですね。

Aojiru huressyuhurutu9

▲ さぁ、いよいよ作っていきます。

Aojiru huressyuhurutu10

▲ お水の推奨量は100ccです。もちろん多めの水で溶かしてもOKです。

Aojiru huressyuhurutu11

▲ けっこう簡単に溶けました。

Aojiru huressyuhurutu12

▲ 簡単に溶けますが分離して粉が底に溜まるのも早いです。青汁の中に分離し始めた粉が浮いています。

匂い

粉の段階では大麦若葉の匂いで普通の青汁の匂いですが水で溶かすと青汁の匂いが一切消えます。桃とバナナとマンゴーを足した匂いです。 桃とバナナの匂いが強いです。

※ちなみに原材料で桃もマンゴーも使っていません(笑

甘いです。圧倒的な濃さです。これぞフルーツ青汁と言っていいほどの甘さです。他社のフルーツ系青汁は薄い青汁が多いのですがこのフレッシュフルーツ青汁は青汁と言わなければ誰も気づかないフルーツジュースです。

粉っぽさ

溶かすときのお水の推奨量100ccはです。100ccのお水でもスプーンで10回ほど混ぜるとす〜っと溶けます。比較的早く溶けるので混ぜた瞬間は粉っぽさはありません。ですが分離するのも早く分離した粉が底に溜まるのも早いです。

粉っぽさを避けるために混ぜながら飲むべきですね

混ぜてから5秒ほどしたらもう水の中に分離し始めた粉が目につきます。飲んだ感じは若干の粉っぽさを感じますが味が濃いのが強くそこまで気にはなりません。

濃さ薄さ

濃いです。味が凄く凄く凄く濃いです。青汁としてではなくてフルーツジュースとして濃いです。ネクターのような濃いさです。

完全に大麦若葉やクマザサよりもフルーツの味が濃いですね。

お酒に合うのか

チビチビ飲もうとすると甘みが強いのでお酒類は合いません。王道の焼酎であっても長い間飲んでいると甘さが強くてお酒として飲んでいるのが辛くなってきます。

総合的な味の感想

圧倒的なフルーツジュース感が強く青汁と言われても信じることができないレベルです。これぞ「フルーツ系青汁」と言っていいレベルで美味しいです。ただし、1度混ぜた状態からの分離の速さが気になります。5秒後にはもう分離が始まるのでゆっくり飲むのには向きません。

ゴロ
味の評価は★★★★☆(星4つ/星5つ)です。

青汁としてではなくてジュースとして飲みたい青汁で、子供が飲むと喜びそうです。

フレッシュフルーツ青汁の原材料と評価

フレッシュフルーツの原材料
ここが気になる 内容
名称 大麦若葉・クマザサ含有食品
原材料名 オリゴ糖、大麦若葉、乳糖、ガルシニア、カンボジア果皮抽出エキス、クマザサ末、明日葉末、穀物発行エキス、マルトデキストリン、フィッシュコラーゲン、アカシア食物繊維、殺菌乳酸菌末、いちご果汁、食物発発酵エキス、海藻エキス、ザクロエキスパウダー、アカメガシワ末、有胞子性乳酸菌、食物プラセンタ(メロン胎座抽出物)、野菜、フルーツエキス(ぶどう、トマト、にんじん、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦胚芽、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、オレンジ、ブラックカラント、ブロッコリー、きゃべつ、タマネギ、にんにく、オリーブ、きゅうり、アスパラガス)、調整豆乳粉末、パイナップル果実抽出物(セラミド含有)、緑茶抽出物、酸味料、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルフェムK)、増粘多糖類、β-カテロン、(原材料の一部に、ゼラチン、キウイフルーツ、オレンジ、リンゴ、バナナ、大豆、ゴマ、カシューナッツ、乳、小麦を含む)
内容量 90g(3.0g×30包入)
栄養成分 エネルギー:9.95kcal たんぱく質:0.19g 脂質:0.06mg 炭水化物:2.65g ナトリウム:1.28g

フレッシュフルーツ青汁の大きな特徴として「甘い」ということがあります。原材料を見てみると「オリゴ糖」が大麦若葉やクマザサよりも先に表記されています。これは割合として多いということなので、糖分を抑えたい人にとってはマイナスです。一方オリゴ糖はトクホ(特定保健用食品)としても認められている安全な糖分になります。

糖分を摂りたいか摂りたくないかが評価をわかれさせますね。

ゴロ妻
原材料の評価は★★★☆☆(星3つ/星5つ)です。

大麦若葉・クマザサ・明日葉のメイン原材料に関しては国産のものを仕様していて安全性に関しても問題ありません。

甘みを出すためにオリゴ糖、乳糖を使っているので甘いので青汁に糖分が入っているのが嫌い人には向きません。(もちろん問題になるような量ではないですが……。)

金額は適正か評価

適正です。というか安い!!!

フレッシュフルーツ青汁の金額まとめ
商品代 送料 支払方法
定期注文の場合 ・初回  980円(32円/杯)・2回目~  2980円(税抜)(99円/杯) ・クレジットカード払い 0円払込用紙 0円代引き 800円(税込) ・クレジットカード払 0円・払込用紙 0円(コンビニ、郵便局、銀行)・代引き 324円(税抜)
通常注文の場合 4352円(税込)(145円/杯) 無料 ・クレジットカード払 0円・払込用紙 0円(コンビニ、郵便局、銀行)・代引き 324円(税抜)

フレッシュフルーツ青汁は定期注文で頼んだ場合は初回の商品代金が980円(税抜)です。

定期注文の2回目以降も2980円(税抜)で1杯あたり99円と納得の金額です。1杯100円を切ってくる青汁は以外と少ないですのでこれは嬉しいです。

単品注文である通常注文は1箱4352円(税抜)なので、これは145円/杯となるので高いです……。

ゴロ妻
値段の評価は★★★★☆(星4つ/星5つ)です。

安い!!!


サポートは万全か評価

不満が相当あります。

サポートにはカスタマーサポートのサポート力と会社としての購入後のフォローに対するサポートとの両輪でフォローしていくのが普通ですが、非常に弱いと言えます。

まず、他のブログや口コミ等でも指摘されていますが、カスタマーサポートのつながりが悪すです……。青汁業界のカスタマーサポートは飛び抜けてレベルが高いメーカーが多く、オペレーターにつながるまで時間が2秒と5秒というようなメーカーも多くあります。

が、が、が、が、フレッシュフルーツ青汁を販売するビューティーマニアの場合はオペレーターに電話がつながらないのもザラです。それはお店の方でも理解しているようで下記のような記載をHP上にupしています。

Aojiru huressyuhurutu21

つながらないパターンとしては2種類あって、電話をかけた瞬間に「只今、混み合ってあります。時間を改めておかけ直しください」となって電話が強制的に切れてしまうパターンと「只今、電話が混み合っております。しばらくお待ちになるか、時間を改めておかけ直しください」となって音楽が鳴り出して待つパターンがあります。

その中で1番ストレスが溜まるのが音楽が鳴ってオペレーターにつながるのを待っていても5分37秒立ってもオペレーターにつながらない場合は強制的に電話が切れるので待っておくこともできません……。

ムキーーーーーーってなってしまいます。フレッシュフルーツ青汁の定期注文の解約は電話のみの解約でネットでの解約依頼はできません。なのに電話がつながらないのは不満が出て当然でしょう。

さらにオペレーターの実力にも不満があります。フレッシュフルーツ青汁で使用している大麦若葉とクマザサの産地を電話で確認した際に即答ができませんでした……。特に悪い面ばかりを強調するつもりはありませんが、メイン商品のメイン原材料の産地を健康食品を販売していて答えることができないのであればこれは不満だし、不安です。上司の方に確認後、「静岡産」と返答をいただけましたが……。

その後質問した「大麦若葉とクマザサは無農薬でしょうか?」という質問に対しては「担当者がいないのでわかりません。HPにあるメールにて質問してください」とのことでした。

ちょっと、実力に……となってしまいます。

ゴロ
サポートの評価は★☆☆☆☆(星1つ/星5つ)です。

ゴロ妻
サポートに関してはまったく評価できません……。改善してほしい……。


全体の評価 ★☆☆☆☆(星1つ/星5つ中)

甘いジュースみたいな青汁を探している方にはフレッシュフルーツ青汁は合うと思います。

青汁を飲む目的は野菜不足の解消、栄養不足の補助がほとんどの人の目的だと思います。「青汁=不味い」というイメージがあった青汁も業界の努力で相当飲みやすい青汁がたくさん登場してきました。

そんな飲みやすくなった青汁をさらに美味しくしようと挑戦したのがフルーツ系の青汁です。実際、フルーツ系の青汁は文字通りフルーツの味を感じることが出来て美味しく感じる青汁が多いです。

味だけで見るのであればフレッシュフルーツ青汁を不味いという人はいないでしょう。それほど甘くて濃いフルーツ味で美味しいです。

ただし、サポート力を含めた安心感に大きな不安があるので、「味、原材料、値段、サポート力」を総合的に求めるのであれば他にも良い青汁はあるのかなと思います。

特にカスタマーサポートのつながりやすさを含めた実力と解約金や返品のわかりにくさなどはちょっと改善してほしいな……というのが素直な感想です。

味も美味しいし、値段も定期注文であれば安いです、原材料も国産で安心できるのに、サポートがこれでは残念としか言えません。青汁は健康食品として身体に入れるものなので会社としての実力は安心感につながるため重要だというのが僕の感想です。

その安心感の部分で損をしているのかな……と。この部分が改善されればいい青汁だと思います。

>>> フレッシュフルーツ青汁 の詳細を見てみる

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

-フレッシュフルーツ青汁, 青汁レビュー

Copyright© 青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー- , 2019 AllRights Reserved.