実際に飲んでみて本当におすすめできる青汁を紹介しています。野菜嫌いの夫に青汁を飲んでほしいと思っている妻が書くブログです。(たまに夫も書くw)

青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー-

ランキング

ランキングで紹介!!!青汁を選ぶのに困らないように用途別に分けて評価する

更新日:

 

aojiru-rankingu2

こんにちは、妻のゴロ妻です。

「青汁の種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない!!!」

という人が多くいます。

誰でも不味い青汁を選びたいとは思わないし、自分の摂りたい栄養が入った青汁を購入したいですよね?私の夫のゴロは初めて青汁を買うときに「お酒に合う青汁が良い」といいました。

そんな、青汁を初めて購入する人が迷わないようにこのブログ目線でのまとめを記事にしておきます。

青汁を選ぶ基準に特化してランキングでおすすめを紹介する

青汁選びで迷うことがないように、このブログでのおすすめ青汁をランキングで紹介します。

それぞれのの項目ごとに紹介するので、自分の用途に合わせて記事を見てみてください。

きっと、アナタの青汁選びの参考になるはずです。

青汁を美味しさで選ぶ

aojiru-aji

青汁は飲み物です。だからこそ美味しくないと続けることなんてできません。

青汁=不味いという時代もありました。罰ゲームが不味い青汁なんていう時代もありました。でも、今は本当に飲みやすい青汁が増えました。

飲みやすい青汁どころか美味しい青汁もたくさんあります。

も、昔ながらの不味い青汁もまだまだ根強くあります。(不味い青汁というのは好みの問題で、栄養自体は凄く高いです。)

野菜の味が強い青汁もあれば、抹茶みたいな青汁もあります。青汁は飲み続けてこそ意味があります。

「これなら、毎日飲んでも苦にならない」そう思える青汁こそが本当にアナタに合った美味しい青汁と言えるでしょう。

美味しい青汁であれば家だけではなくて会社など外に持っていっても恥ずかしくありません。

不味い青汁であれば、「無理して青汁を飲んでるよ……。」なんていう陰口があることも……

でも、美味しい青汁であれば自信を持って「今の青汁は美味しいからゴクゴク飲める」と言えます。そう言えればより青汁ライフが楽しくなります。

味はとにかく重要です。このブログなりの主観で味のランキングをまとめてみました。

30代男性が選ぶ「味」のみで選んだ青汁を5つランクングで紹介する

青汁を原材料で選ぶ

aojiru-genzairyo222

今、青汁は色々な原材料で作られています。

そのなかでもメインとなってきている原材料は「大麦若葉・ケール・明日葉・桑の葉」です。

ほとんどの青汁はこの中のどれかがメイン食材となって青汁が作られています。

昔の不味い青汁のイメージはケールの青汁です。

ケールは栄養価も高く素晴らしい野菜ですが、青臭い匂いは避けられません……。

それでも最近は相当飲みやすくなっています。「青汁はやっぱりケールがいい」という人もたくさんいます。

青臭い青汁が苦手な人は大麦若葉、明日葉、桑の葉の青汁を選べば間違いがありません。

特に大麦若葉は今の青汁の超・超・超メイン原材料と言っても良い食材です。匂いもキツくなくてむしろ美味しい野菜で大麦若葉でファンが多いです。

明日葉、桑の葉がメインの青汁でも美味しい青汁がたくさん販売されています。

原材料が変われば摂れる栄養も変わってきます。

青汁を飲む最大の目的は不足している栄養を身体に取り込むことです。だからこそ、自分が希望する原材料が含まれている野菜から青汁を選ぶのは理にかなっています。

【原材料で選ぶ】大麦若葉・ケール・明日葉・桑の葉・どの青汁を選べばいいのか~材料別青汁ランキング~

青汁を金額で選ぶ

aojiru-nedan

なんといっても「金額」が気になる人は多いと思います。

青汁は基本的には1箱30包入りで販売されています。でも、お試しで10包だったり、逆に1箱60包入りの青汁もあります。なので単純に1箱あたりの金額で見るのではなくて、1杯あたりの金額で比べるとわかりやすいです。

1杯あたり100円が青汁の平均金額です。

もちろん、高い青汁には高い理由があります。栄養が他の青汁に比べて豊富だったり、通常料金は高いけど定期注文でみたら安かったり……。

とりあえずどんな青汁かを試してみたいなと思ったときに初回注文を安く試してみたいと思いませんか?

多くの人が思うでしょう。そういった、1箱あたりの金額、1杯あたりの金額、初回注文の金額、通常注文の金額、定期注文の金額を1つの記事にまとめました。

このページ1つでこのブログでレビューしている全ての青汁の金額を把握することができます。値段は選ぶ上で重要な判断基準です。

1杯100円前後!!!本当に安い青汁を5つランキングで紹介する

青汁をカスタマーサポートで選ぶ

aoojiru-opereetaa

サポートとは安心のことです。初めて青汁を購入するときって、大なり小なり不安があります。

「美味しく飲めるのか?」「身体に合わなかったらどうしよう?」「わからないことがあったどうしよう?」「想定より高い金額だったらどうしたらいいのか?」

そんなときに頼りになるのが販売会社のカスタマーサポートです。

カスタマーサポートではオペレーターの人と直接電話でしゃべることで色々な疑問を直接質問をすることができます。

最近のネット通販の問合せはメールのみでおこなうところも増えています。メールだけだと楽な面もありますが、わかりやすく自分の意図を伝えるのが難しかったりします……。

返ってきた返答をみて「そういうことを言っているんじゃないのに……。」なんてことも。

でも直接電話で質問をぶつければあっという間に解決してくれます。やっぱり「人対人」のコミュニケーションは最強です。

さらに、青汁会社のサポートには「返品・返金サポート」もあります。

これはどの販売会社でもあるものではありませんが、初回の青汁を注文する上で安心を得ることができます。

「頼んでダメなら返品すればいいや」と思えるのは何よりも安心できます。

そんなサポート力の高い青汁会社をランキングにしてみました。

優秀カスタマーサポートを青汁メーカーごとにランキングしてみたから紹介する

青汁をお酒に合う・合わないで選ぶ

aojiru-sake

青汁ってお酒で割って飲んでも栄養が変わりません!!!

もし、アナタの旦那さんがお酒が好きであれば、「お酒で割って青汁を飲んでみない?」と口説いてみてください。

もしかしたら、旦那さんが興味を持ってくれるかもしれません。青汁は今は抹茶感覚のものが非常に多く、お酒との相性がメチャクチャいいです。

焼酎、ウィスキー、ハイボール(あっ、これはウィスキーだ)、ビール、ワインと何でも合います。

ビールやワインは多少、青汁を選びますが焼酎は鉄板の組合せで、どんな青汁でもきっちりお酒として変身してくれます。

夜の晩酌として1杯の青汁を飲んでくれるようになればこれほど楽なことはありません。こちらが無理に青汁をすすめなくても、旦那さんの方から好んで飲んでくれるようになります。

なのでお酒に合う青汁をまとめてみました。

20種類以上の青汁のなかから30代男性が選ぶお酒に合う青汁を3つ紹介する

青汁を混ざりやすさで選ぶ

aojiru-mazariguai

青汁で溶けやすい青汁と溶けにくい青汁があります。溶けやすい青汁はビックリするくらい一瞬で混ざります。溶けにくい青汁はシェイカーなどを使うと上手く混ざります。

個人的にはシェイカーを使って氷を入れてシャカシャカするのが1番美味しく青汁ができると思っていますが、「そんなの面倒ーーーー」って声を大にする人もチョコチョコいると思います。

なので、コップに青汁の粉と水を入れてスプーンで2〜3回混ぜたら、「すげー、完璧に混ざってるじゃん」と言えるような青汁をランキングにまとめてみます。

簡単に溶けてくれて水や豆乳などと混ざってくれる青汁は職場などに持っていきやすくなります。そうすることで、青汁を毎日飲むのが楽になります。

【混ざりやすさで選ぶ】シェイカーなんかいらない~簡単に混ざる青汁ランキング~

どうしても青汁選びで迷う人にこのブログの1番推してる青汁を紹介

ゴロ妻
「迷ってしまうから早くおすすめを教えて」

という人もたくさんいますよね?

なので、このブログ的に1番おすすめの青汁を紹介しておきます。

大麦若葉青汁(難消化性デキストリン) です。

味、栄養、値段、サポートが全て高いバランスで維持されています。

圧倒的な飲みやすさと大正製薬ならではの超大企業の安心感がこの青汁にはあります。

大きな特徴はトクホ(特定保険用食品)だということです。

血糖値の上昇をゆっくりにしてくれる難消化性デキストリンを配合しているのでダイエットをしていて痩せたいと思っている人にぜひ飲んでほしい青汁です。

>>> 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン) の詳細を公式ページで見てみる

参考リンク
ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)のレビュー記事もしています。
かなり詳しく、色々な角度からレビューしているのでよろしければ参考にどうぞ。

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

336×280 アドセンス

スポンサーリンク

-ランキング

Copyright© 青汁野菜補完計画-おすすめの青汁をガチ体験してレビュー- , 2019 AllRights Reserved.